4次元 5次元 期待!期待! リンッ♪リンッ♪リンッ♪ おはよう WakeUp!! 燃えろ!!鋼鉄魂!! 道なき道をBABYMETALと共に!!

BABYMETAL World Tour 2019 USA アメリカを制覇せよ!!

やっぱりスゲェ!!BABYMETAL!!

あいかわらずぶっ飛ばしてくれるな!!

 

・・・

 

で、神バンド、、、だれ??!(◎_◎;)

 

ついにやってきました。

BABYMETALワールドツアー in USA!!

 

 

2019年9月初旬。

はからずもと言うべきか、毎度のことと言うべきか。

BABYMETALのワールドツアー開幕のタイミングにあわせてアメリカの東海岸には猛烈なハリケーン(ドリアン)が差し迫っていました。

 

BABYMETALのターニングポイントとなる公演が行われるとき、いつもといっていいほど台風が接近します。

メイト(BABYMETALのファン)の間では、「BABYMETALは台風を召喚するのでは?」といった噂が絶えません。

 

キツネさまの思し召しでしょうか。

 

アメリカではただならぬ、空気が漂っていました。

 

いよいよ開幕!!BABYMETAL  World Tour 2019

 

BABYMETALは2019年の9月から怒涛のワールドツアーを行ないます。

 

9月〜10月にアメリカ。

11月は日本に帰り、埼玉スーパーアリーナ2daysと大阪城ホール2daysを経て、香港の音楽フェスティバル「Clockenflap」に出演。

 

翌年、2020年の2月からは北欧、ロシアを含んだヨーロッパツアー。

4月には台湾で初となる単独ライブを開催します。(そこからアジアツアー?)

 

まさに世界を股にかけるBABYMETAL。

そして、ワールドツアーの先陣を飾るのが、このアメリカツアーなのです。

 

ワールドツアー 2019 USA スケジュール

 

ここで少しおさらいを。

 

下記のツイートにあるようにBABYMETALは、たった1ヶ月半で20都市20公演を行います。

ほぼ2〜3日のペースでライブを行い、広大なアメリカを一気に駆け抜けます。

 

 

 

それにしても超ハードスケジュール。

BABYMETALは、「限界ヨロシク」の超攻めの姿勢を打ち出しました。

 

注目は終盤戦に行われる「The Forum」

 

そして、注目は終盤戦に行われる「The Forum」の公演です。

これはアメリカでの初の単独アリーナライブ。

 

そのキャパは17,500人とされています。

 

この「The Forum」の売れ行きは上々、まもなく「SoldOut」となりそうです。

 

 

※ロサンゼルス-圧倒的な需要により、10月11日に開催されるThe Forumのヘッドラインショーの追加チケットは限られています。(Google翻訳)

 

日本では発売した瞬間に「SoldOut」になるのですが、アメリカでなかなか「SoldOut」になりません。

これは、チケット会社が値を釣り上げているとの指摘もあります。

 

どうやら日本とアメリカではチケットの売り方が異なるみたいです。

アメリカでは転売防止すべく、需給状況に応じて価格を変動させる方法を採用しているとのこと。

しかし、アメリカの値の釣り上げ方は場合によっては、1枚10万円とプラチナ化しており、なかなかエグイことになっています。

 

チケットの転売問題はどこの国も悩みのタネですね・・・。

 

チケット転売問題

 

少し脱線しますが、私はチケット転売防止にはブロックチェーンが有効な手段だと思っています。

 

ブロックチェーンでチケット転売防止、京大発スタートアップLCNEMの「Ticket Peer to Peer」

 

上記のサービスは、ブロックチェーンの技術で、転売者を摘発します。

そして、摘発された転売者のチケットはリセットされ、再びチケットを求める者に割り当てられます。

 

摘発するのは一般人。

 

転売者がオークションサイトなどで転売していたのを発見した場合通報します。

そして、摘発が成功すると通報した一般人に報酬が支払われます。

これにより摘発の機能が働き転売を抑制させることが可能になります。

※上記の技術は仮想通貨のNEMで実現されます。ちなみに私はNEMのファンです。仮想通貨といえばビットコインですが、これはあくまでブロックチェーンの実験にすぎません。ブロックチェーンを生活に根差し利用できる技術はNEMです。

 

※重要!!ブロックチェーンの技術は、これからの社会の仕組みを大幅にかえるものです。

ブロックチェーンはこれからの時代、必須の知識となります。

もし、ブロックチェーンのことをよく知らない、よくわからないのであればこちらのブログをご覧になることをオススメいたします。

 

世界一わかりやすい ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのブログ

※ブロックチェーンを理解するにはこのブログに掲載されている動画を見るだけで十分です。ブックマークしておくとよいでしょう。

 

ライブビューイングと3rdアルバム『METAL GALAXY』

 

そして嬉しいことにライブビューイングが実施されます♪

 

 

日本にいながらアメリカのライブをリアルタイムで視聴できるのはありがたいですね♪

 

 

そして、同日の10月11日(金)には待望の3rdアルバム『METAL GALAXY』が発売されます。

前回の『METAL RESISTANCE』から実に3年半ぶりと、だいぶ期間があきメイトは飢え死に寸前です。

 

 

無事、開催できるか?観測史上もっとも巨大なハリケーン、負けじと立ち向かうメイト

 

で、ワールドツアーの初日となる9月4日のオーランド。

はからずもと言うべきか、毎度のことと言うべきか。

この日は、アメリカの東海岸に猛烈なハリケーン(ドリアン)が差し迫っていました。

 

 

その勢いは凄まじく、カリブ海に浮かぶバハマ島では壊滅的な状況で死者も多数でました。

このの「ドリアン」は、観測史上もっとも巨大なハリケーンとみなされ、「カテゴリー5」が認定されています。

この未曾有の危機にアメリカのトランプ大統領も警戒していました。

 

 

さすがに今回は、甚大な被害がもたらされているため、冗談ではすまされない状況になっています。

とてもBABYMETALと台風を関連させる気にはなれません。

※亡くなられた方々、被害に遭われた方のお悔みを申し上げます。

 

そして、9/4(水)の夜に行われるオーランド公演の開催も危ぶまれました。

アメリカではただならぬ空気が漂っていました。

 

そんな緊迫した状況のなか、ツワモノのメイトが現れます。

フツーであれば、突き付けられた境遇に落ち込み、悲しみにくれるところです。

 

しかし、彼は違いました。

 

どんな状況であっても全力で楽しむことを忘れない。

そしてなにがあってもあきらめない不屈の鋼鉄魂(メタルハート)!

 

 

さあ来い!!BABYMETAL!!

水曜日にオーランドで待ってるぞ!!

 

とてもたくましいです・・・。(笑)

 

巨大なハリケーンに全力で立ち向かう姿に感動すら覚えます。

 

彼の身をていしたファインプレーは、おそらくキツネさまに届いたのでしょう。

その後、「ドリアン」の勢いは弱まり、これ以上の被害は広がりませんでした。

※2019/9/15 追記

上記のツイートの動画ですが、どうやら『lane Pittman』というハリケーンに立ち向かうスレイヤーファンの動画に『PA PA YA!!』を当てたものだそうです。

 

そして、無事にオーランド公演が行われることとなります。

 

 

オーランド、アトランタ

 

この記事を執筆しているのが、2019年9月11日(水)。

すでにオーランド、アトランタ、ワシントンD.C.での公演が終了しています。

 

現地の様子は、様々なサイトを取りまとめている『BABYMETAL Information』さんのサイトで網羅的に確認することができます。

※ちなみに最近ですが、私のサイト『考えるな!感じるんだ!!』も取り扱っていただけるようになりました。

 

オーランド

 

オーランドの様子が分かるのはこちらです。

BABYMETAL「US TOUR 2019 オーランド セトリ順ファンカム動画」(BABYmatoMETAL)

 

US TOUR 2019 Orlando, FL

9月4日 オーランド Hard Rock Live

01:メギツネ

02:Elevator Girl [English ver.]

03:Shanti Shanti Shanti

04:Kagerou with Kami band intro

05:Starlight

06:FUTURE METAL (video)

07:ギミチョコ!!

08:PA PA YA!!

09:Distortion

10:KARATE

11:ヘドバンギャー!!

12:THE ONE

13:Road of Resistance

引用元:BABYMETAL US TOUR 2019 オーランド セトリ 鞘師・神ソロ(BABYmatoMETAL)

 

そして、下記はオーランドの公演に参戦した方の感想です。

 

ヤバい。@BABYMEAL_JAPANは今まで行った中で最高のライブだった!・・・私が彼女たちほどにクールになれる事は絶対にないって事実を完全に受け入れるし、それで構わないと思ってるわ!♥

引用元:【Twitter】WWE NXTのTegan Nox選手 BMライブ参戦(BABYMETAL翻訳さんより)

 

 

※今日、私は子供の頃、私のヒーローが同じことをするのを見た会場で格闘しました!それは私のキャリアの中で最も素晴らしい瞬間でした!ありがとうございました@NXTUK私を立ち寄らせてくれたが、今は州立に戻って、私が中断したところから出発する時だ!(Google翻訳)

 

WWEのプロレスラーであるTegan Nox選手は、BABYMETALのライブに参戦したようですね。

で、Tegan Nox選手は子供に人気があるようです。

 

アトランタ

 

そして、9月6日のアトランタ。

初日のオーランドから数えて2日目となります。

 

すでに会場は長蛇の列。

ここでもBABYMETALの人気の高さが伺えます♪

 

 

で、アトランタの様子が分かるのがこちらです。

BABYMETAL「US TOUR 2019アトランタ セトリ順ファンカム動画」(BABYmatoMETAL)

 

US TOUR 2019 Atlanta, GA

9月6日 アトランタ Coca Cola Roxy

01:メギツネ

02:Elevator Girl [English ver.]

03:Shanti Shanti Shanti

04:Kagerou with Kami band intro

05:Starlight

06:FUTURE METAL (video)

07:ギミチョコ!!

08:PA PA YA!!

09:Distortion

10:KARATE

11:ヘドバンギャー!!

12:THE ONE

13:Road of Resistance

引用元:BABYMETALUS TOUR 2019 アトランタ セトリ(BABYmatoMETAL)

 

そして、参戦した方の感想です。

 

アトランタに在住している日本の方のようです。

始めてBABYMETALの公演に参戦されたのでしょうか、

シンプルに述べる感想はとても新鮮で説得力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワシントンD.C.、BABYMETALのプロモーション攻勢

 

そして、9月8日のワシントンD.C.。

アメリカ合衆国の首都です。

 

『The Anthem』の会場のキャパは6,000人。

今回のUSツアーで「The Forum」に次ぐ二番目の大きさの会場です。

 

斜め上をいくBABYMETALのプロモーション

 

ここでBABYMETALはプロモーション攻勢にでます。

なんと、ワシントンポストの1ページを丸々使ってツアーの告知を行いました。

 

 

ワシントンポストは1877年創刊のアメリカ合衆国ワシントンD.C.の日刊紙で米国内での発行部数は25万部となります。

首都ワシントン最大の新聞であり特に国家政治に重点を置いている新聞紙です。

世界の警察とも言われるアメリカの国家政治新聞紙の1ページをBABYMETALで飾る。

 

ありえない・・・。

 

そのインパクトは大きいと思います。

 

さらにBABYMETALは『ニューヨーカー』にも登場するようです。

 

 

日本にもこの『ニューヨーカー』のファンがいるようです。

わざわざアメリカ本国から取り寄せているとか。

 

『ザ・ニューヨーカー』の表紙絵については、かつてすこしだけ書いたように思う。

どの号の絵も、技巧的にはたいへんな練達であり、アイディア的には自由で豊かで余裕があり、ユーモアに満ちている。

そして、この表紙絵の最大の特徴は、季節感がいつもきちんととりこんであることだ。

季節の動きや雰囲気を、一週ごとに、さりげなく巧みに、『ザ・ニューヨーカー』の表紙絵は、とらえている。

引用元:『ニューヨーカー』の表紙に描かれた、ある年の夏

 

自分の関心のあるテーマを扱った記事はもちろん、興味のないテーマを扱った記事も必ず1本読む。

というのは、興味のないテーマの記事であっても、書き手の視点に接し、丁寧に積み重ねられたファクトを追うにつれ、頭に思考回路ができ、うなずいたり、それは違うだろうと思ったりしている自分に気づくからである。

こうした楽しみは他の雑誌では味わえない。

引用元:総合誌が軒並み不振の時代に高級誌「ニューヨーカー」はなぜ100万部の部数を誇れるのか

 

ちょっとみなさん文章力が秀逸すぎてビビります・・・。

 

このように『ニューヨーカー』を熱く語る知識層のファンが、表紙にBABYMETALが掲載されているのを目にしたらどんな反応をするのか?

 

非常に興味があります。

 

BABYMETALのプロモーション戦略。

我々の想像を超え、斜め上をいきますね。

 

いや、これ公演まるまる見れるし・・・。

 

で、なんとワシントンD.C.の公演の様子が『BLABBERMOUTH.NET』で記事と共に動画として見ることができます。

※『BLABBERMOUTH.NET』とは、ヘビーメタルとハードロックのニュース、およびアルバムと音楽のDVDレビューに特化したWebサイトです。2001年に創設され、現在は月間120万人以上のユーザーがアクセスする超人気サイトです。

 

ちなみに『BLABBERMOUTH.NET』は個人サイトではありません。レコードレーベルの『Roadrunner Records』が主催するサイトです。

 

Watch BABYMETAL Perform In Washington, D.C.

ワシントンDCのアンセムでのBABYMETALの9月8日のコンサートのファン撮影ビデオ映像を以下に示します。

BABYMETALの2019年秋の米国ヘッドライナーツアーは9月4日にフロリダ州オーランドで始まり、10月16日までワシントン州シアトルで開催されます。

トレッキングは、マークされますロサンゼルスのフォーラムで、以前に発表した10月11日のギグ、含まBABYMETALアメリカで初のヘッドライナーのアリーナのショーを。

サンフランシスコでの10月4日のショーを通してのBABYMETALツアーのサポートは、スウェーデンのメタルバンドAVATARから行われます。

BABYMETALのサードアルバム「Metal Galaxy」は、earMUSIC / Edelを介して10月11日にリリースされます。

2016年の「Metal Resistance」のフォローアップは、「The Odyssey Of Metal Galaxy」のコンセプトに基づいています。

 

・・・

 

 

引用元:Watch BABYMETAL Perform In Washington, D.C.(BLABBERMOUTH.NET)

 

っていうか、ワシントンD.C.のライブがプロショットレベルでフルで見れるではないですか!!

 

こんなのぶっ飛ばされるに決まってます!!!

シェアされまくりでしょう。

 

この宣伝効果って凄いのではないでしょうか。

 

いやはや・・・。

 

それにしてもライブ映像をレコードレーベルがネットで公開することに驚きを隠せません。

ひょっとして、これもBABYMETALのプロモーション活動の一環なのかもしれません。

 

恐るべし。

 

US TOUR 2019 Washington, DC

9月8日 ワシントン The Anthem

01:メギツネ

02:Elevator Girl [English ver.]

03:Shanti Shanti Shanti

04:Kagerou with Kami band intro

05:Starlight

06:FUTURE METAL (video)

07:ギミチョコ!!

08:PA PA YA!!

09:Distortion

10:KARATE

11:ヘドバンギャー!!

12:THE ONE

13:Road of Resistance

引用元:BABYMETALUS TOUR 2019 ワシントンDC セトリ 岡崎百々子(BABYmatoMETAL)

 

 

オーランド、アトランタ、ワシントンD.C.終えて

 

SU-METALは初日から絶好調でした。

クリアに透き通った声、爆音の中でも突きぬけるその声量は健在です。

 

抜群の安定感!

 

すでに王者の風格を備えたSU-METALはオーディエンスの心を確実に射止めていました。

神がかったその声と、神々しさをまとうその立ち姿ににオーディエンスは尊敬の眼差しをSU-METALにそそいでいました。

 

そして、実はダンスも凄い。

むしろ生音にのせる感性のダンスはMOAMETALと鞘師里保にないものがあり、見るものを強烈に引きつけます。

 

・・・

 

MOAMETALもライブをとても楽しんでいる様子でした。

それにしてもダンスのレベルが格段にアップしましたね。

腕や足腰の筋肉はバレエダンサーのようで相当な努力を積み重ねていることが分かります。

 

力強さと優雅さが高いレベルで融合していて、視線を釘付けにさせられます。

そして、時折見せる無邪気な笑顔や、サービス精神旺盛にいたずらな表情を見せてくれました。

 

ズッキュン!!

 

と、一人一人落としまくっていました。

MOAMETALの遊び心は、きっとチームBABYMETALの張りつめた緊張感を和らげていることでしょう。

 

・・・

 

そして、アベンジャーズの鞘師里保。

身体が絞れていてキレも良くなっています。

MOAMETALとのシンクロ率も高まっています。

 

ワシントンD.C.では岡崎百子がアベンジャーズとして登場しました。

ふっくらした体形で重さがありましたが、ダンス自体のレベルは高いです。

どうやら女性の思春期は生理学的に太るようですね。

参考:なぜ思春期は太りやすい? ぶくぶく太った黒歴史のナゾが解明された!

 

で、驚いたのは『Kagerou』です。

この『Kagerou』、去年はSU-METALのソロとしてお披露目されていましたが、今回から3人に変更されています。

 

そして特筆なのが、そのダンス。

 

ロック調なダンスは、いままでの可愛い路線とは異なり、とてもカッコよく仕上がっています。

このカッコよさはアベンジャーズの鞘師によるところが大きいと感じました。

 

さらに驚くべきことに神ソロが復活していました。

これはとても嬉しいことです。

しかし、そのサウンドは粗さが目立ち、いままでの神バンドが奏でる洗練されたものとは異なっていました。

 

だからといって、今回の神バンドのパフォーマンス自体は決して悪いものではありませんでした。

荒々しさのなかに非常にエネルギッシュさがあり、会場全体がハネあがるかのようでした。

 

で、よくみるとギターもベースも初めてみる機材です。

ドラムのガタイもえらいゴッツイです。

残念ながら、今年の神バンドは仮面を被っており、誰が誰かを知るにはは機材を見るしかありません。

しかし、その機材は見たこともないものばかりでした。

 

どうやら今回は、私の知る神バンドではないようです。

 

あれ?青山神は?大村神は?REDA神は?BOH神は?

どこにもいない・・・。

で、神バンド、、、だれ??!(◎_◎;)

 

 

神バンド総入れ替え

 

いったい神バンドは誰なのでしょう?

急遽メイトによる特定班が形成され、神バンドの正体を暴いていきます。

 

この時のメイトのスピードといったら尋常じゃありません。

 

ほんの僅かな手がかりさえあれば彼らには十分です。

そこから神がかり的な調査力で次々とメンバーを特定していきます。

 

たった1日でメンバーを特定しまうメイトの凄さ!!

 

 

そう、それはこのツイートから始まりました。

 

まずはギター。

この機材を使用しているアーティスト、BABYMETALとの関連性の有無などから検証が始まります。

 

そして、瞬殺でギターはギャラクティック・エンパイアのギタリスト、ダーク・ベイダー(ダース・ベイダー)とベース・コマンダー(ストームトルーパー)であることが特定されました。

 

※これまでのところ、新しいKamisの1つが特定されています。銀河帝国のクリス・ケリー。彼はダースベイダーです。 

 

ギャラクティック・エンパイアは2018年の埼玉スーパーアリーナで行われた『Dark Night Curnival』でBABYMETALと共演しています。

 

筋肉もりもりのいかつい体形、特徴的なバスドラやスティックの持ち方から『SHADOW OF INTENT』のドラマー、Anthony Baroneであることが特定されました。

 

 

で、さすがの特定班も難儀したのがベーシスト。

みなベーシストであたっていたのですが該当者は見つかりません。

そして、タトゥーが決め手となり、これもギャラクティック・エンパイアのギタリスト、レッド・ガード(皇帝のロイヤル・ガード)であることが特定されました。

 

 

※実はこの特定班に加わった@MetalNcarnetは、ハリケーンのドリアンに立ち向かった彼です。(笑)

 

たった1日でメンバーを特定してしまうメイトの凄さ。

特にドラマーなんてどこにも脈絡がないはずなのになぜ分かったのでしょう?

 

KAMI-BANDのメンバーを掘り下げる

 

まずはギターのChris Kelly(ダーク・ベイダー)を掘り下げます。

 

Chris Kelly(ダーク・ベイダー)

 

Chris Kellyはギャラクティック・エンパイアとAlustriumの二つのバンドを掛け持ちしています。

参考:stackattacksmusic

 

※黒いTシャツを着ているのがChris Kellyです。年齢は不明だが、肌のツヤからすると、おそらく20代後半だと思います。

 

Chris Kellyは、13歳からレコーディングエンジニアとして音楽の仕事に携わっていたとのこと。

Chris Kelly PRODUCTION

 

 

ナイスガイです。

 

CJ  Masciantonio(ベース・コマンダー)

 

ギターのCJ  Masciantonio(ベース・コマンダー)。

 

 

2012年にUniversity of Pittsburgh at Johnstown(大学)へ入学したことから、まだ20代であることは確かです。

 

Clint Tustin(レッド・ガード)

 

そして、ベースのClint Tustin(レッド・ガード)。

Clint Tustinは以前Starlightのギタープレイをツイッターに投稿しています。

 

 

このツイート、固定ツイートにしているし。(笑)

 

そう、昨年のダークナイトカーニバルに出演したギャラクティック・エンパイアは埼玉スーパーアリーナでメイトから暖かく迎え入れられていました。

その時の感動が忘れられないのでしょう。

彼のツイッターのトップの写真は、ダークナイトカーニバルの時に撮影した写真が貼られています。

 

顔にまだあどけなさが残ります。

それにしてもテクニックはピカイチですね♪

 

ANTHONY BARONE

 

最後にドラムのANTHONY BARONE。

ANTHONY BARONE公式ホームページ

 

公式ホームページによるとANTHONY BARONEの年齢は24歳なのだそうです。

それにしても下記動画を見てもらえればわかると思いますが、ドラムテクニックが半端なく、笑ってしまうレベルです。

 

 

それにしてもこの腕、どうなってんの?

とても人間とは思えない連打です。

 

・・・

 

全員才能に溢れています。

 

 

心情的に受け入れられない気持ちもわかる

 

ただ、この神バンドの総入れ替えに関しては賛否両論があるようです。

技術は確かなのですが、心情的に受け入れられないといった意見もみられます。

 

私も最初は「えっ?」てなりました。

 

今までのBABYMETALはオールインジャパン。

そんな彼らが世界に打ってでて、日本の底力をぶちかましてくれることに痛快さを覚えたものです。

 

また、神バンドは幾多の試練を共に乗り越えてきたという、かけがえのない時間を共有してきた同志でもあります。

そこへいきなり、わけのわからないメンツ(しかも日本人でない)が現れることに戸惑いと憤りを感じてしまうのは無理もないことでしょう。

 

あいかわらずBABYMETALはこのあたりの微妙なニュアンスのところを割愛してきます。

※いや、それでいいんですけどね。事細かに語るのは野暮ですから。

 

YUIロスならぬ神ロス。

 

しかしながら、ここは冷静になる必要があると思います。

そもそも神バンドは正式なBABYMETALのメンバーなのか?

 

神バンドのキャラクターは強烈なので私もよくここを勘違いしてまうのですが、あくまで神バンドはBABYMETALをサポートする位置づけ。

正式メンバーでないことはスタートの時から変わっておりません。

 

心情的にBABYMETALの正式メンバーとしたくなる気持ちになるのですが、そこは神バンドの人も各方面から様々なオファーがあり、それぞれやりたいこともあるでしょう。

BABYMETALだけの都合で彼らのスケジュールを抑え込んでしまうのは、相手への尊重の観点からすると違和感があります。

 

いままでどおりサポートという形がお互いWin-Winであり、ちょうどよい距離感なのだと思います。

もちろん、サポートなので参加するときもあれば参加しないときもある。

 

今回、参加していないとして縁が切れたわけではないでしょう。

その実力は証明済み。

重要な場面では、いままでの神バンドのメンバーを頼ると思います。

 

青山神、大村神、REDA神、BOH神はBABYMETALの神バンドとして参画したことにより世界中のミュージシャンから尊敬されるようになりました。

そして、各方面から条件の良いオファーが次々と舞い込んでいるのではないでしょうか。

 

BABYMETALの神バンドになる=世界中のミュージシャンから一目置かれる。

 

そして、ミュージシャンとして大成する。

これからBABYMETALの神バンドになることを目標にするミュージシャンも増えてくるのではないでしょうか。

 

 

神バンドを介して世界中の凄腕ミュージシャンたちがしのぎを削る。

BABYMETALは恐ろしくなるほどスケールアップしてしまうのではないでしょうか。

 

そして、BABYMETALのサウンドはさらに究極になっていく。

夢は果てしなく広がります。

 

 

まとめ

 

そして、今回のKAMI-BANDのメンバーです。

調べてみてわかったことですが、みな若くキャリアは浅いです。

ドラマーのAnthony Baroneは24歳、ギター、ベースを担当しているギャラクティック・エンパイアのメンバーもおそらく20代でしょう。

 

ひょっとして、BABYMETALは若手の有望株をKAMI-BANDとして経験させ、育成しようと考えているのではないでしょうか。

そのための窓口をBABYMETALは拡げたのかもしれません。

 

世界中の若手ミュージシャンたちがBABYMETALのライブに出演することを夢見る。

KAMI-BANDを流動させることによって、それは実現可能です。

このことはメタル文化を発展させることになります。

 

そして、アベンジャーズ。

 

サポートダンサーも流動的になっており、とくに若手の岡崎百子や藤平華乃にとってはかけがえのない経験になっていることでしょう。

この流れは子供達がBABYMETALになることを夢見ることを可能にしています。

 

 

BABYMETALは世界中の子供達のヒーローとなり憧れの存在になる。

 

僕の夢、わたしの夢はBABYMETALになることなんだ!

 

そんな、夢の広がるBABYMETALワールドツアー in USA 。

 

まだまだ序盤戦。

 

これからどんな光景を拝めるのでしょうか。

楽しみは尽きません!

 

・・・

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

おち

 

最新情報をチェックしよう!
>考えるな!感じるんだ!!

考えるな!感じるんだ!!

4次元 5次元 期待!期待!
リンッ♪ リンッ♪ リンッ♪
おはよう Wake Up!!

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問などお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
 にほんブログ村 音楽ブログへ