4次元 5次元 期待!期待! リンッ♪リンッ♪リンッ♪ おはよう WakeUp!! 燃えろ!!鋼鉄魂!! 道なき道をBABYMETALと共に!!

8時だよ!全員集合!爆笑と大感動のBABYMETAL幕張公演!1日目は超ハッピーなメタルパラダイス!!【後編】

ヨアキム(笑)

 

8時だよ!全員集合!!

 

 

”LEGEND – METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW”

 

時は2020年1月25日、土曜の夜8時。

BABYMETAL幕張公演の1日目。

 

アベンジャーズ、和神、洋神が全員集合となった伝説のRoad of Resistance。

 

まさにここは天国。

パラダイス”メタル銀河”でのしゃかりきモッシュッシュは超ハッピー♪

 

めっちゃ楽しかったッス!

 

前回から引き続き、参戦レポートです。( ̄▽ ̄)

 

8時だよ!全員集合!爆笑と大感動のBABYMETAL幕張公演!1日目は超ハッピーなメタルパラダイス!!【前編】

 

宇宙空間を飛来する隕石のような赤い光と青い光。

それがだんだん近づいていき、

ついには衝突。

 

大きな光が一面を照らし出します。

 

光の力と闇の力。

その二つを手にしたBABYMETALは、かつてない銀河の旅に出る―。

 

荘厳な紙芝居。

 

今宵限りのスペシャルライブ・・・。

 

ウオォォォォーーーー!!!!!

 

スペシャルライブという言葉に歓喜の声があがります。

そして、FUTURE METALが始まると同時に観客は一気にヒートアップ。

 

いつ見てもこのオープニングは

カッコいい!!

テンション爆上がりです!!

 

DA DA DANCEでは、

今日もSU-METALは絶好調であることがわかります。

 

その伸びやかな歌声と迫力ある声量はうまいといよりはスゴイ!!

圧倒されます。

SU-METALはやはり唯一無二です。

 

で、神バンドはおそらく大村神、BOH神、LEDA神、青山神の鉄壁の布陣。

 

やはり和神はイイ!!

 

究極のバンドサウンドに酔いしれます。

 

そして、DA DA DANCEの見せ場。

そう、MOAMETALです。

 

ウオォォォォーーーー!!!!!

 

私の周りでは絶叫があがりました。

 

MOAMETALがセンターに移動し、荒ぶるダンスを披露すると会場は一段とヒートアップ。

体感温度が20度上昇しました!!

 

 

ヨアキムの使い方!!(笑)

 

Elevator Girl、Shanti Shanti Shantiと「METAL GALAXY」のSUNバージョンが続きます。

ここでのアベンジャーズは岡崎百々子。

 

それにしても岡崎百々子の柔軟かつ、パワフルなダンスには目を見張るものがあります。

一度、ソロでパフォーマンスするところも見てみたい。

岡崎百々子の存在感は際立っていました。

 

そして、私のなかで最も印象に残ったOh! MAJINAI。

久しぶりの紙芝居。

 

パラダイス”メタル銀河”って・・・😂

 

ようこそ!ここへ!!って・・・😂

 

しゃかりきモッシュッシュって・・・😂

 

光GENJI・・・😂😂😂

 

Oh! MAJINAI 紙芝居(幕張 2020.1.25)

むかしむかし そのむかし

広大なメタル銀河の向こう側にメタルの楽園があった

全てのメタラーは鋼鉄の鎧を脱ぎ捨てて童心に帰ることができる

メタル愛に満ち溢れた新たな世界

それは「パラダイス”メタル銀河”」と呼ばれる大人には見えない「とっておきの夢の島」

だがしかし

大人が一歩足を踏み入れると「ないものねだり」の魔法をかけられてしまうから決して立ち入ってはいけないと、伝えられてきた場所でもあった

「ようこそ!ここへ!」

シャカリキにキタキツネに誘われるままについつい足を踏み入れてしまったウィンターランドの鋼鉄の戦士

すぐさま「ないものねだり」の魔法をかけられてしまい奇妙な踊りが止まらなくなってしまう「しゃかりきMOSH’SH」を初めてしまうのだ

そんな姿を見た鋼鉄の勇者たちは、

「こんなのメタルじゃねぇ」

と嘆きながらもまんまと魔法をかけられてしまい気が付けば隣人と肩を組みあいながらの「しゃかりきMOSH’SH」を繰り広げメタル銀河のパラダイスは広がっていくのであった…

 

100m近くある超巨大スクリーンに超くだらない紙芝居が流れます。(笑)

 

そして、ヨアキムの無駄使い。(笑)

 

スクリーンいっぱいにヨアキムが増殖され無限に広がっていきます。(笑)

 

ちなみにヨアキムとはこんな人。

 

 

スウェーデンのミリタリーメタル『サバトン』のボーカリスト、ヨアキム・ブローデン(年齢不詳)

 

この超巨大モニターって相当お金かかってるでしょう。

きっと、これを見せるために超巨大モニターにしたに違いない(笑)

 

これでもかというくらいにヨアキムです。

 

まさにヨアキムだらけ。

 

量産型ヨアキム。

 

そんなヨアキムが無限に増殖し、大スクリーンでコサックダンスを繰り広げます。

 

そして、ソビエト連邦の象徴、赤い広場でヨアキムがツルハシで地面を掘ります。

その掘られた地面からレーニン像に模したヨアキムがせり上がってくる。

 

は、腹が痛い😂😂😂

 

見事なヨアキムの無駄使い(笑)

そして、ヨアキムの強烈なアイドル性(笑)

 

そして、ステージに目をやると・・・。

 

なんと!鞘師里保とSU-METALとMOAMETALがコサックダンスをしてるではないですか!!

 

さらに!三人が肩を組んでコサックのリズムに合わせ足をあげてるではないですか!!

 

で!そのまま肩を組みながらクルクル回る!!

 

くー!!

可愛いすぎ!!

 

超巨大スクリーンに無数のヨアキム。

 

ステージでは鞘師里保とSU-METALとMOAMETALが肩を組んでのコサックダンス。

 

しかも鞘師里保は照れ笑いしながらSU-METALと肩を組みコサックダンス。

 

SU-METALときたらホントに嬉しそうで爆笑しながらコサックダンス。

 

それをMOAMETALが「ウフフ」とまるで観音菩薩のような顔でコサックダンス。

 

情報量多すぎ!!

 

しかし、どれ一つ見逃してしまってはいけない!

 

楽しーーー!!(≧∀≦)

 

視線のやりどころが多すぎて私は目が回ってしまいました。

 

 

天才!鞘師里保と怪物!SU-METAL

 

HA!!HA!!HAーーーー!!

 

Oh! MAJINAIで会場は大爆笑!!

完全に会場は温まりました。

 

異様なテンション。

 

そんな中でのヤバッ!は過去最高のものだったのではないでしょうか。

それを加速させていたのは鞘師里保だったと思います。

 

鞘師は凄かった!!

 

それは次の新曲Brand New Dayでも発揮されていました。

鞘師里保の大人びたダンスはBrand New Dayにピッタリです。

 

なんでしょうかね?

あの魅力は?

 

特別に手足が長いわけでもないのでダンスの面では不利なはずなんですけどね。

パッと見は近所にいてもおかしくないフツーの女の子なんですけどね。

不思議と見入ってしまいます。

 

鞘師ファンと思われる女性がそんな鞘師の姿を見て、涙を流していました。

 

よかったねぇ~

 

とホッコリしてしまいました。

 

ここまで人を惹きつける。

これが鞘師のオーラってやつなのでしょうか。

 

そして、SU-METALときたら・・・。

 

どことなく切ないメロディ。

朝日が登る幻想的なステージ。

 

神バンドの演奏は極上のポップサウンドを奏でる。

とんでもない演奏力。

この洗練されたサウンドは和神ならではこそです。

 

そこへSU-METALの透き通った声。

なんとも心地よいハーモニーが会場を満たします。

 

難曲であるはずのBrand New Dayをここまで美しく歌いきる。

 

しかも軽々と・・・。

鳥肌が・・・。

 

凄すぎて恐ろしくなってきます。

 

そして大村神とLEDA神は、ポリフィアの超難解なギターフレーズを完璧に再現してしまう。

 

さらに、MOAMETALと鞘師里保の息のあったコンテンポラリーダンス。

サウンドと両者の息の合った天上に突き上げるフィンガースナップはとてもカッコよかったです。

 

これがTVで日本の茶の間に流れたらどれだけ凄いことになるだろうか。

 

そう、ポップサウンドに求める究極がここにありました。

 

しゃかりきモッシュッシュ

 

もう私は完全に入り込んでしまいました。

ギミチョコ!!が始まると黙っているわけにはいきません。

 

今回、私は後方でじっくりライブを眺めるつもりでした。

 

私の周りには女性や若者が多くいました。

彼らが楽しむ姿を後ろで眺めるのが今回の主旨。

 

しかし、身体はもう我慢できない様子。

そして、ギミチョコが始まるや否や前方でモッシュが巻き起こります。

 

う〜、混じりたい。

 

でも、前方はふさがっていて前へ進めません。

 

そしてメギツネが始まるとボルテージは最高潮!!

 

記憶が確かならば、ここで皆の意識が吹っ飛んだと思います。

Eブロック全体を巻き込むような巨大なモッシュ。

 

すると、前方にぽっかりとスペースが空きました。

 

なんのためにここまで来たのか。

全力で楽しむために筋トレや走り込みをし身体を作って来たのではないのか。

 

もう後ろで眺めるのはやめよう。

 

私は突撃を開始しました。

 

モッシュの中に入ると、そこはパラダイス。

多くの若者たちが大暴れしてました。

 

もみくちゃ。

 

容赦無く身体をぶつけられる。

そして、私はふっ飛ばされる。

お返しにとふっ飛ばす。

 

HA!!HA!!HAーーーー!!

 

お互い大爆笑!!

 

そう、私はこれを望んでいたのです。

 

楽しーーー!!(≧∀≦)

 

身体がぶつかればぶつかるほどテンションが上がります。

 

ふと周りを見てみると、女性が多くて驚きました。

 

今の時代、男だろうが女だろうが関係ないようです。

女性も容赦なくモッシュピットに突撃してきます。

 

キャーーーー!!

 

ここはパラダイス。

しゃかりきモッシュッシュはなんて楽しいのでしょう♪

 

 

麗しいMOAMETALと美しい日本の言霊

 

そして、情熱的なラテンのリズムが際立つNight Night Burn!

アベンジャーズは藤平華乃。

 

藤平華乃が入るとSU-METAL、MOAMETALとのバランスが非常にしっくりきます。

岡崎百々子と鞘師里保とはまた違った魅力が生まれます。

 

藤平華乃はお人形さんのように可憐な姿をしており、見惚れてしまうこともしばしば。

 

そして、MOAMETAL。

 

岡崎百々子、鞘師里保、藤平華乃。

それぞれ異なる個性にもかかわらず、その個性がしっかり輝くように絶妙にバランスをとっていました。

 

これだけ洗練されたユニゾンを生み出すのはMOAMETALの存在無くして語れないでしょう。

この日のMOAMETALは見事にその大役を果たしていました。

 

そして、見せ場となればメイトの心をあっという間に鷲掴みにしてしまう神っぷり。

 

ティコティコティンでMOAMETALがセンターに踊り出てきたときといったら・・・。

 

ふぉぉぉぉ!!

 

思わず変な声がでてしまいました。

その麗しい姿を見てるだけで心が洗われます。

 

凛としてすがすがしい。

 

・・・

 

そして、THE ONEへと流れていきます・・・。

 

はじめに言葉ありき。

 

これはヨハネの福音書。

キリスト教の聖書の文句の中で、これほど有名な言葉はないでしょう。

 

そして、この日のTHE ONEは日本語で紡がれました。

 

久しぶりの日本語でのTHE ONE。

やはり日本語の音色ほど心に響くものはありません。

 

日本語、その源流に流れるもの。

超古代から脈々と受け継がれてきたその日本の言の葉の精神。

 

日本語の起源はカタカムナの48音の思念(言霊)であるとの説があります。

そして、宇宙の法則を見事に表しているとも・・・。

 

ヒ、フ、ミ、ヨ・・・から始まる48音のカタカムナ。

 

ヒ、フ、ミ、ヨ?

4の歌?

 

48音(ヨハネ)。

ヨハネの福音書。

 

はじめに言葉ありき・・・。

 

ヌーソロジーの提唱者であり、メイトでもある半田広宣氏はカタカムナと素粒子の類似性を語っています。

 

 

時を超えて

僕らは行く

まばゆい光の中で

 

僕らの声

僕らの夢

僕らのあの場所へ

 

時空を超えたところ、根源となるあの場所へ、、、

 

THE ONE(万物の本源、一者、単子(モナド))

 

素粒子とは?

人間の魂?

 

私はBABYMETALのTHE ONEを聞くと、ヌーソロジーが語るカタカムナの世界観を感じてしまいます。

 

BABYMETALが日本で生まれた理由。

 

ユダヤの鉄の時代(調整期)から、

日本の金の時代(覚醒期)へ。

 

THE ONEの美しいメロディにこの身を預けながら、

2万6000年に及ぶ宇宙の歳差運動に思いを馳せるのでした。

※妄想を暴走させすぎました。(^_^;) わけわかんないですよね。

 

全員集合!大迫力のRoad of Resistance!!

 

そして、物語はフィナーレへと近づいていきます。

ステージはしばらく沈黙を続け、THE ONEの余韻に浸ります。

 

しばらくして、戦国ウォールオブデスの紙芝居が巨大スクリーンに映し出されます。

 

東西の神が合体する・・・。

 

どういうこと?

 

状況をのみ込めなでいる私の周りでは、ウォールオブデスが作り始められました。

 

誰かが仕切るわけでなく、自然発生的に作られるウォールオブデス。

そのあまりの巨大さに胸が高鳴ります。

 

ウォールオブデスが作り上げた巨大なスペースには多くの若者が友人をリフトアップしてました。

 

壮大な光景です。

 

その中には女性もリフトアップされてました。

 

BABYMETALのタオルを掲げるその凛々しさ。

とても美しくてカッコよかったです。

 

そして、前方に目を映すとそこに驚くべき光景が!

 

なんと、アベンジャーズが勢揃い。

岡崎百々子、鞘師里保、藤平華乃、MOAMETAL、SU-METALがフラッグを掲げていました。

 

ウオォォォォーーーー!!!!!

 

今日一番の大歓声!!

私は耳栓をしてましたが、それでも耳がやられてしまいそう。

 

そして、さらに驚くべきことが!!

 

なんと、黒装束に身を纏った洋神までが勢揃い。

 

全員集合!!

 

そして、ワン!ツー!スリー!フォー!

の掛け声とともに一斉にウォールオブデスは駆け出します。

 

猛烈な勢いで人が次から次へと突っ込んでいきます。

そんな中、私の前にいた人が転倒。

私もその人に巻き込まれ転倒してしまいました。

 

突っ込んで来る人も次から次へと転倒していく。

将棋倒しとなり、とても危険な状態。

 

その時でした。

 

危ない!近づくな!!

 

周りの人たちが、一斉に声を掛け合います。

そして、これ以上人が突っ込んで来ないようにあっという間に壁を形成。

 

一斉に転倒した人を次から次へと抱き起こしていきます。

 

その間、わずか数秒。

見事としかいいようがありません。

 

私も抱き起こされました。

 

ありがとう。

 

感謝の言葉を述べたら、ポンポンとねぎらいのハグを頂きました。😭

 

周りを見てみれば、みな無事。

そして笑顔。

感謝の声とねぎらいの声の掛け合いと、思い思いのハグがいたるところで見られました。

 

なんて、優しい光景でしょう。

 

そして、サークルピットを駆け抜ければみなハイタッチで迎い入れてくれる。

迎い入れる側に回れば、駆け抜ける人たちの嬉しそうな顔。

 

We are BABYMETAL!!

 

ともに歌い、ともに叫び、ともに走り抜ける。

 

この一体感は、これ以上ない幸福感を私にもたらせてくれるのでした。

 

・・・

 

セットリスト

01:FUTURE METAL

02:DA DA DANCE

03:Elevator Girl

04:Shanti Shanti Shanti

05:Oh! MAJINAI

06:ヤバッ!

07:Brand New Day

08:ギミチョコ!!

09:メギツネ

10:Night Night Burn!

11:THE ONE

12:Road of Resistance

 

 

LEGEND – METAL GALAXY 幕張1日目 〜終えて〜

 

大円団。

 

洋神の青い瞳に喜びが満ち溢れていたのが印象的でした。

 

  • ギター、Chris Kelly(クリス・ケリー)
  • ギター、CJ  Masciantonio(マッシャントニオ)
  • ベース、Clint Tustin(クリント・タスティン)

 

おそらく洋神はギャラティックエンパイアのメンバー。

 

ドラムはANTHONY BARONE(アンソニー・バロン)。

 

彼らの素顔をみるとまだあどけなさが残ります。

おそらく年齢は20代と思われます。

ミュージシャンとしてのキャリアはこれから積んでいくところなのでしょう。

 

洋神の気迫は並々ならぬものを感じました。

まさに人生を賭けた一番勝負。

 

そして、それを受け止める和神の懐の深さ。

 

BOH神と洋神がグータッチでお互いの意思の疎通を図るその姿に感動を覚えた方も多いことでしょう。

 

その姿を岡崎百々子も藤平華乃も鞘師里保も肌で

感じてるはず。

 

そんな三人をSU-METALとMOAMETALは優しく見守る。

 

そして、BABYMETALをアツく情熱的に支えるメイト。

 

1 ヒ:根源から出・入

2 フ:増える・負・振動

3 ミ:実体・光

4 ヨ:新しい・陽

 

陽の光に照らされた『LEGEND – METAL GALAXY ”SUN”』の波動は、超ハッピーなメタルパラダイス♪

 

きっと、洋神もこの波動に共鳴したことでしょう。

 

彼らはこのキャリアを通じて、超ハッピーなメタルパラダイスを世界に伝えて行くことになる。

 

仲間が増え、さらに楽しみが増えました♪

 

”LEGEND – METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW”

 

それは、この世をパラダイスに変えた伝説のステージ。

これからもBABYMETALがいくところ、そこは超ハッピーなメタルパラダイスと変わるでしょう。

 

さて、これからヨーロッパツアーが始まります。

いったい、どんなパラダイスが見れるのか。

 

ひっじょーに楽しみです!!

 

・・・

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは。また。

おち

 

アイキャッチ画像はナタリーさんよりお借りしました。

BABYMETAL「光の世界」描いた幕張1日目で新境地見せる新曲続々(ナタリー)

期間限定

最新情報をチェックしよう!
>考えるな!感じるんだ!!

考えるな!感じるんだ!!

4次元 5次元 期待!期待!
リンッ♪ リンッ♪ リンッ♪
おはよう Wake Up!!

記事にはお気軽にコメントをどうぞ!
ご意見、ご質問などお待ちしております。

ブログランキングに参加中です。
 にほんブログ村 音楽ブログへ