BABYMETAL WORLD TOUR 2018 ユトレヒト編

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 ユトレヒト編

こんにちは。おちです。

インスブルックですが、今回は撮影に関して厳しかったようでファンカムがあまり挙がらず、ライブの様子が中々掴めません。しかし、ツイッターを見る限り大変盛り上がった様子。

凄い熱気とのこと。大成功だったのではないでしょうか!

ユトレヒト

さて、次はオランダ2Daysです。

オランダといえば「FortaRock 2016」が記憶に新しいですね。会場の雰囲気といい、パフォーマンスといい最高の景色でした。これを捉えたファンカム映像は今でもたまに繰り返し見ています。

この時の評判が良かったからでしょうか。ヨーロッパツアーでワンマンライブ2Daysとは珍しいですね。

それともオランダと言う地は、何らかの重要な拠点なのでしょうか?

今回もその土地の歴史を掘り下げることで、何かしら見えてくるものがあると予測しています。

Wikipedia-ユトレヒト-

ユトレヒトオランダ語Utrecht ユトレフト)は、オランダユトレヒト州にある基礎自治体ヘメーンテ)。オランダ第4の都市であり、ユトレヒト州の州都でもある。首都アムステルダムから30キロほど南に位置する。

ユトレヒトは8世紀よりオランダの宗教の中心であった。現在でもオランダ・カトリック教会で最も重要な地位をユトレヒト大司教が担っている。また、復古カトリック教会の大主教座や、プロテスタント教会の教区事務所もユトレヒトに置かれている。17世紀に始まるオランダ黄金の時代にアムステルダムがその地位を奪うまで、ユトレヒトは北オランダ(現在のオランダ国土と言う意味で、ベルギーやルクセンブルクは除く)で最も重要な都市であった。

また、ユトレヒトにはオランダ最大の大学であるユトレヒト大学が置かれていたり、国土のほぼ中央付近という地理的条件より、各地からの道路や鉄道網の重要な結節点となっている。

1579年、ネーデルラント北部7州はユトレヒト同盟に調印し、スペインの支配に抵抗することを決意した。ユトレヒト同盟はオランダのはじまりとみなされている。1580年、プロテスタントの政府がユトレヒト司教座を含む司教座の廃止を決め、1853年に復活するまでユトレヒトにカトリックの司教座がおかれることはなかった。

このユトレヒト同盟が、後のネーデルラント連邦共和国。そして国としての「オランダ」の誕生へと繋がります。

オランダの生みの親が、打倒ハプスブルクに燃えるユトレヒト同盟のリーダーであるオラニエ公ウィレム(ヴィレム1世、オレンジ公ウィリアム)です。

前回のインスブルックの記事でも書きましたが、オラニエ公=ヘッセンです。

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 インスブルック編

オランダ 打倒!ハプスブルク

Wikipedia-オランダ-(重要と思われるところを抜粋)

オランダオランダ語Nederland西フリジア語Nederlânパピアメント語Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上首都アムステルダム事実上の首都はデン・ハーグ)。

カリブ海アルバキュラソーシント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島シント・ユースタティウス島サバ島BES諸島)がある。

国名および通称はオランダ語でNederland(ネーデルラント)。

歴史

元来、現在のベネルクス地方は神聖ローマ帝国の領域の一部で、毛織物産業や海上貿易により栄えていた。14世紀ギヨーム1世イギリスドイツとの間に閨閥をつくった。15世紀末からスペインを本拠とするハプスブルク家の領土(家領)となった。宗主国スペインによる重税政策に対する反発とともに、主に現在のオランダ地域を中心とするネーデルランド北部地方の宗教は利潤追求を求めるカルヴァン派が多数を占めていたため、カトリックを強制する宗主国スペインとの間で1568年にオランダ独立戦争が勃発した。しかし、戦争の長期化により、カトリック教徒の多かった南部10州(現在のベルギールクセンブルク)は、独立戦争から脱落した。この八十年戦争の結果、1648年のヴェストファーレン条約で独立を承認された。

ベネルクスとはベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3カ国の集合を指し示す名称です。

八十年戦争(ながっ!)はオランダの独立戦争のことです。オラニエ公ウィレム一世を筆頭にユトレヒト同盟が組まれ、「打倒ハプスブルク!!」と邁進したのがこの戦争の本質です。ちなみに三十年戦争は、八十年戦争に含まれます。

この実行部隊にタクシスやロスチャイルドがいます。情報を巧みに操りハプスブルク家に戦争をさせ、その軍資金をロスチャイルド系の銀行から借りさせる。借金によってハプスブルクの生き血を吸い続け、弱体化を図る戦略をとっていました。

この戦略が功を奏し、ハプスブルクの弱体化が進み、ヴェストファーレン条約によってハプスブルクの凋落は決定的なものに。そして、オランダが独立を勝ち取るといった結果をもたらしました。

ヴェストファーレン条約とは、ウェストファリア条約とも言い、千年王国を望む者たちでも触れたのですが、独立した主権国家同士による勢力均衡体制のことをウェストファリア体制と呼びます。

ヘッセンは、ハプスブルクに勝ちました。しかし、それは通過点に過ぎません。ヴェストファーレン条約によって特権を得ることで力をつけたヘッセンは勢力均衡体制に満足するはずもなく、世界へ打って出ます。(より追い求めるのは、幅意識が優先された人間型ゲシュタルトの自然な思考形態なのではないでしょうか。)

オラニエ・ナッサウ家=ヘッセン

歴史

17世紀初頭以来、ネーデルラント連邦共和国東インドを侵略してポルトガルから香料貿易を奪い、オランダ海上帝国を築いて黄金時代を迎えた。英蘭戦争に重なってオランダ侵略戦争がおこり、本土へ災禍をもたらした。しかしウィレム3世総督時代に、ルイ14世の出したフォンテーヌブローの勅令が中産ユグノーを共和国へ大挙亡命させた。彼らの力により、独立戦争からすでに卓越していた繊維・染料産業がさらに進歩した。

ユグノーに留守を任せたウィレム3世は名誉革命でイギリスへ渡り、第二回無総督時代に共和国はジョン・ローフランスから資本を引き上げ再輸出した。

フランス革命が勃発すると、革命軍が侵入しバタヴィア共和国が成立した。バタヴィアは1796年にユダヤ人へ市民権を与えた。バタヴィアは1806年、ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトを国王とするホラント(オランダ)王国に変えられた。さらに1810年フランスの直轄領として併合された。ユグノー資本は対仏大同盟に投下され、物量戦によりナポレオン体制を打破した。

ナポレオン戦争後のウィーン会議ではこれまでオーストリア領であった南ネーデルラント(現在のベルギー・ルクセンブルク)を含むネーデルラント王国が成立し、オラニエ=ナッサウ家が王位に就いた。

1873年(明治6年)には岩倉使節団がオランダを訪問しており、当時のロッテルダムハーグアムステルダムなどの様子が『米欧回覧実記』に、一部イラスト付きで詳しく記されている

第二次世界大戦では中立を宣言するも1940年5月ナチス・ドイツに奇襲され、1週間余りの戦いで敗北し、王族はイギリスに亡命した。その後1941年に中立を破棄し日本に宣戦布告するが、東インド植民地はまもなく日本軍に占領されている。

戦後に日本軍が撤退した後は再びインドネシアに侵攻してインドネシア独立戦争を戦った。戦後国力が低下していた上に、これまでの過酷な植民地支配に憤慨した独立勢力を抑えることは出来なかった。国際世論の支持も得られず、アメリカや国際連合の圧力もあって独立承認せざるを得なくなり、結果として国際的地位の低下を招いた。戦争の終盤、ウィレム・ドレースが首相を務めていた。この地域では現在、中国オーストラリアの門閥とロスチャイルド投資活動を展開している。

オランダは現在もカリブ海に海外領土を保有する上、インドネシア政府から長年の植民地支配に対しての謝罪要求が来るものの、これを無視し続けている。

オランダは早くから世界進出し、アジアとも関わりが深い。オランダによるジャワ島を中心とするオランダ領東インド支配においては、1825-30年におきた民衆反乱を弾圧したのち、「強制栽培制度」を1830年に実施した。

厳罰によって実施されたこの制度で、ジャワ農民は稲や麦という自給食料を失い、1843-48年には飢饉に苦しみ多数の餓死者を出したと言われている。強制栽培制度は中断を伴い形を変えて20世紀まで続けられ、第二次世界大戦中の日本軍のオランダ領ジャワへの侵攻とその撤退後も解決されず、インドネシアとオランダとの独立戦争の終戦まで続いた。オランダはインドネシアに賠償をするどころか、インドネシアの独立を認めるに際しては、オランダによって建設され管理されたインドネシア内のインフラ設備の譲渡料の名目で60億ドルの補償金をインドネシアに要求している。

オラニエ・ナッサウ家=ヘッセンです。

オラニエ・ルート ─ 王家の軌跡を辿る体験ルート

重要なのが、名誉革命です。これによりオラニエ公ウィレム三世がイングランド(イギリス)の王位につきました。ウィレム三世には実子がいなかったため、相続人はヨハン・ウィレム・フリーゾが指名され、フリーゾの妻がヘッセン=カッセル方伯カールの娘マリア・ルイーゼ。

この二人の子供がウィレム四世であり、ウィレム四世はグレートブリテン(当時のイギリス)王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世の長女アンと結婚し、その子孫によってハノーヴァー朝が確立されました。

Wikipediaではハノーヴァー朝はヴェルフ家の流れを汲むとありますが、ヴェルフ家=ヘッセンです。

よって、ハプスブルクを倒した後、ヘッセンはイギリスを手に入れました。ドイツ、オランダ、イギリスの背後にはヘッセンが君臨しているということです。

17世紀〜18世紀にかけて、イギリスによるアメリカの植民地支配の最盛期を迎えます。その前はハプスブルクのスペインが独占していましたが、三十年戦争でヘッセンに負け、その特権を奪われています。

この時代、アメリカはイギリス=ハノーヴァー朝=ヘッセンのものになっていました。(ちなみにヘッセンの支配を嫌うアメリカの北部勢力のレジスタンスがアメリカ独立戦争へと繋がります。)

で、ヘッセンは極東支配にも乗り出します。それが東インド会社です。この流れの先にアヘン戦争、明治維新が含まれます。

闇組織(ショッカー)

この情報は強烈です。

日本の天皇家に仕えているとされているカラスの中にも派閥があり、それぞれ、違う分野の利権を握っています。

食物を扱う○色派、エネルギーを扱う△色派、武器を扱う×色派があり、ギャンブル、麻薬、大型詐欺等を扱う黒色派が有ります。

ちょっと待てよ・・・日本で武器ビジネス??

カラスの4派を最初に知った時、サラっと読み流してしまいましたが、日本で武器を製造し、販売しているのです。

で、何処に何を売っているのでしょうか?

ヘッセンカッセルに関しては何度か書きましたのでご存知でしょうが、昔から傭兵ビジネスで儲けて来たドイツの貴族です。

ロスチャイルドを金庫番として使って来た大親分です。

この血族はイギリス、スウェーデン、ギリシャ等々、多くの欧州王家に入り込んでいます。

最初、日本の支配者は日本人では無いと知った時、かなりショックでしたが、こうしてヨーロッパの支配者達がすべてその国の人ではなく、よその国から来ていることを知った今では、普通に理解出来ます。

それでは日本に於けるヘッセンカッセル勢力は、どのように入り込んでいるのでしょうか?

ヘッセンカッセルはコミュニストのボスの一人。

コミュニストとは、フリーメイソン、イルミナティ、共産党等の社会を混乱に陥れる数々の組織の総称です。

コミュニストに資金供給をしているのが、皇室奉公衆で最も活発な勢力である4色カラスの方々なわけですが、この4色カラスの中で、今回、話題にする事案の場合、黒いカラスがそれを行います。

この黒いカラスのバックにはロスチャイルド、イエズス会がおります。

さらにその背後にヘッセンカッセルの勢力、エジンバラの勢力等がいます。

要は、国際犯罪シンジケートです。

日本の皇室は、国際犯罪シンジケートの一部、もしくは、皇室の中に国際犯罪シンジケートがあると言えます。

そして、この黒いカラスの派閥は朝鮮半島を含めた中国大陸との繋がり(血縁)が非常に強いのです。

江戸時代の日本は鎖国していましたが、オランダと中国とだけは世界情勢を知る上で貿易をしていたといわれていますが、実際には江戸の経済は今の世界と変わらずイギリス、フランス、オランダ、スペインの国際金融資本に操られていたのです。

この時代に、明治維新があったわけですが、これは国内から湧いて出た革命なのでしょうか?

本来の計画では、イギリス軍が上陸して植民地化する予定でしたが、長州を中心とする明治政府に代理統治をさせることになったのです。

そこで当時のイギリスとフランスの世界覇権競争を利用しました。

NHK大河ドラマでも有名ですが、土佐藩は上級武士(山之内由来)下級武士(長宗我部由来)に分けられ、下級武士は犬猫以下の扱いを受けていました。

下級武士の不満に付け込み、それを煽り、革命にした外国人勢力がいます。

グラバーに代表されるフリーメイソン。つまり、コミュニスト=ヘッセンの勢力です。

(注:しつこいですが、ヘッセンはフリーメイソン、イルミナティ、共産党などの社会不安を煽るコミュニストのボスです。)

なぜ、薩長土肥のメンバーが下級武士だったのは、ヘッセン陣営にとって、彼らが騙しやすかったからだと思うのです。

さて、アメリカでの南北戦争が終結し、ヘッセン勢力により大量の武器が上海に運ばれました。

この武器を江戸幕府にはフランスから、長州藩にはイギリスから、両方に売り付けたのです。

両陣営は代理戦争とも知らず戦い、結果、250年以上続いた江戸幕府は歴史の幕を閉じ、日本の近代化が始まるのです。

明治維新時で米国北軍勢力の影響も始まった訳ですが、国内の主要ポストは古くから入り込んでいる英仏(オランダ、スペイン)=ヘッセン傀儡が占めていました。

その状況下で、日本の株式会社が出来上がっていきました。

最初の株式会社は坂本龍馬で有名な亀山社中。

その後は、悪代官と組んでいた越後屋が三井になったり、長州(大内)と縁の深い水戸藩で勘定奉行をやっていた(虎銭を作った)家系が川崎財閥になり、その他、全国的に特権を持った奴らが証券市場に参入する訳していきます。

工業発展を遂げた米国北軍派は、モンロー主義でヘッセン陣営との関わりを嫌っていた為、日米友好通商条約で、ペリーに開国させ日本社会主義国を終わらせました。

時期を前後して、イエズス会を入れ込んでいたヘッセン陣営は、信長以前から日本国内ユダヤ人皇族との連携をしていましたが、英国領に組み込もうと考えていました。

米国による強制開国に伴い、ヘッセン陣営は方針転換し内部からの支配をする為、証券市場の要職に人海戦術を展開したのです。

連動する大蔵省には、松方正義(長州)を初代大蔵卿に据え、初代日銀総裁にしました。

売国奴である、ユダヤ出身中国大陸経由の日本の黒いカラスさんたちはヘッセン陣営です。

明治維新により下級武士(長宗我部由来)=ユダヤ出身中国大陸経由の秦氏由来に主勢力が切り替わったのです。

つまり、黒い渡来人+ヘッセン勢力が日本の中心になったのです。

まあ、幕府が勝っても背後にいたのはフランス・メーソン・ロッジの方々なので、結果はヘッセンですからね。

薩長土肥勢の人脈は現代にも通じているとさ。

在日特権、メディアの支配、朝鮮人天国な日本は、日本人のものではない。

オーム、○○商事の持ち株会社が「銀河計画」(星の数ほど傘下企業を増やす意)で、彼らの会社です。

北朝鮮のテポドンはミサイルの名ではなく、地名です。ロケットに書いてある名は「銀河」です。

という事は、北朝鮮の核兵器は日本製だということです。

またまた出ました、自作自演。

これ、ヘッセン陣営の得意技ですね。

911が自作自演なら、311もしかり、日本国内のカラス勢力の一部、黒い人達がやってるんじゃないんですか?

とにかく、この勢力が第三次世界大戦を起こし、ヘッセンの執着する千年王国を樹立するという、ストーリーが延々と引き継がれているのです。

中国資本が日本の水資源や、都心の一等地を買いあさっていても、それを規制する法律が出来ないのは何故でしょうか?

広島、長崎の原爆は本当にアメリカが落としたのでしょうか?

引用元:日本国中枢にいるヘッセン陣営と共謀する輩 北朝鮮の核兵器は日本製 – 第三次世界大戦で巻き返しを図る(高度自給自足時代の夜明け【先進国の未来像】より。上記は一部抜粋)

このように隠された知識(オカルト)を手に入れると、ヘッセン=オラニエが秘密結社であるイルミナティやフリーメイソンなど、闇組織(ショッカー)の大親分であることが分かります。

そして、このヘッセンの中心地がドイツであり、ベネルクス(オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)であり、そしてイギリス。

メシアによるイスラエルの再建。メシアによって再建されたイスラエルによって世界を統一することがアポカリプス(黙示)の思想。

このマスターマインドがヘッセン。これが私がエルドラドへ向かう旅の途中で見つけた秘密の鍵の一つです。

これがオランダの正体。まさに闇組織(ショッカー)の中心地。

※そこに暮らす庶民の人々は全く関係ありません。オランダ人は親しみやすく、真面目で、倹約上手で、近所づきあいをとても大切にする素晴らしい人達です。

BABYMETAL Apocrypha(ダークサイド)

そこでBABYMETALは2Daysのワンマンライブを行うということです。BABYMETALの「メタル・レジスタンス」とはどういう意味なのか?

隠された知識(オカルト)を手に入れると、「いやいや、さすがにそれは妄想だろ。」と頭では考えるものの、どうしても関連しているように感じてしまいます。そして、BABYMETALが起こしている現象に興奮せざるを得ません。

今回のツアーは全てヘッセン陣営の土地ばかり。(アメリカ南部もアルバート・パイクに代表されるようにヘッセンです。)

「Apocrypha(ダークサイド)」について色々と考えさせられます。

さあ、BABYMETAL。かの地で繰り広げる「メタル・レジスタンス」は一体、どんな景色を見せてくれるのでしょうか?ワクワクが止まりません。

それでは。また。

おち

※感想を頂ければ泣いて喜びます。関連記事の下にコメント入力欄がありますのでそちらから感想をお寄せ下さい。

BABYMETALカテゴリの最新記事