BABYMETAL WORLD TOUR 2018 ヨーロッパ編 始まります

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 ヨーロッパ編 始まります

こんにちは。おちです。

いよいよ明日。6/1(金)の23時(日本時間)より、BABYMETAL WORLD TOUR 2018 ヨーロッパ編が始まりますね。

‪We’re excited to announce that our show in Austin,TX is SOLD OUT! ‬ ‪See you soon! #BABYMETAL #WORLDTOUR2018 #THECHOSENSEVEN ‬

A post shared by BABYMETAL (@babymetal_official) on

EUROPE TOUR 2018

今回は

6/1(金)Rock am Ringフェス(ドイツ)

6/2(土)Rock im Parkフェス(ドイツ)

6/4(月)インスブルック(オーストリア)

6/5(火)ユトレヒト(オランダ)

6/6(水)ユトレヒト(オランダ)

6/9(土)Download UKフェス(イギリス)

のロックフェスを含めた計6公演です。ロックフェスが3つもあります。特にイギリスのDownload UKにおいてはロゴ表記。

前回、2016年にDownload UKのメインステージで演奏し、雨の降る中、大盛り上がりを見せたのは記憶に新しいですね。

いやが上にも、期待が高まります。

今回のヨーロッパツアーのワンマンライブは、インスブルック(オーストリア)とユトレヒト(オランダ)の2箇所のみです。

私のワールドツアーの楽しみ方は、その土地はどのような歴史、文化を形成しているかを知り、そこに暮らす人達はその背景からどのような人達であるかを想像することです。

何が好きなのか?大事にしているものは何なのか?どのような思考をするのか?想像を膨らませます。

そして、そこに暮らす人々をイメージしておいた上で、実際にこの人達がBABYMETALを体験した結果を見るのが楽しいのです。

知らない状態と知った状態では、結果の見方や実感も全く異なったものになります。勿論、知った状態の方が圧倒的に感動を味わえます。

つまり、知っておくと、より「スゲー!!」が体験できる訳です。

まずは、「Rock am Ring、Rock im Park」が行われるドイツについて理解を深めたいと思います。

ドイツ

Wikipedia-ドイツ-

ドイツの概要

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、ドイツ語Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(ドイツ語: Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。

首都及び最大都市ベルリンである。ヨーロッパ大陸における経済的及び政治的な主要国であり、多くの文化、理論、技術分野における歴史上重要な指導国である。人口は8,060万人で、欧州連合では最大の人口を有する。

ドイツは名目GDPで世界第4位かつ購買力平価で世界第5位である。産業及び技術分野における世界的なリーダーとして、世界第3位の輸出国かつ世界第3位の輸入国である。世界最古のユニバーサルヘルスケア制度を含む包括的な社会保障を特色とする非常に高い生活水準先進国である。豊かな文化及び政治歴史で知られ、多くの影響力のある哲学者芸術家音楽家映画人起業家科学者及び発明家の故国である。

さすがにドイツ。凄いですね。

企業ではダイムラー、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アウディ、オペル、BMW、ポルシェなど高級車。アディダスやプーマもドイツ。

学者では哲学者のカント、ライプニッツ、ニーチェ。科学者のアインシュタイン。音楽家ではバッハ、ベートーベン、ワーグナーなど産業・技術・文化どれをとってもドイツのレベルの高さを感じます。

ドイツの歴史

って、掘り下げてみたのですが深すぎる!

真面目にまとめたら終わる気配なし。ここはさらっと行きます。

フランク王国や神聖ローマ帝国、そして選帝侯。ハプスブルク家を追い落とすヴェルフ家(ヘッセン)の企み。カトリックとプロテスタントによる三十年戦争。三十年戦争の落とし前がヴェストファーレン条約。(ちなみにロスチャイルドのボスがヘッセン。)

そして、ヘッセンがドイツ⇒オランダ⇒イギリスへ流れていくお話。(あれ?今回のヨーロッパツアーと流れが同じ)

「帝国郵便のルーツであるインスブルックに対する圧力を確保し、ヴェネツィア共和国を港にオスマン帝国と交流できるようにした」ん?インスブルック?帝国郵便?タクシス家。諜報機関の元祖・・・。(あれ?インスブルックは今回のヨーロッパツアーの巡回地。偶然?)

そして、ヴェネツィア。黒い貴族。十字軍。

さらっと行くには非常にもったいないネタの宝庫なのがドイツ。ここを本格的に掘り下げたら面白いものが発見できます。しかし、これを始めてしまっては全く違う方向に流れ、暫くは帰ってこれなくなります。なので今回はこの辺にしておきます。(いつか時間を見つけてトライしたい)。

続けます。

プロイセンから第一次世界大戦敗北からのナチス。第二次世界大戦を勃発させ、また負けて東西分裂。

三十年戦争で全土が徹底的に破壊され、1600万人いたドイツの人口が600万人まで激減。第一次世界大戦の敗北により天文学的ともいえる賠償金がドイツに課されハイパーインフレ。物が買えない状況に陥る。その不満がナチスを生み、第二次世界大戦へと邁進。連合国にボコボコにされ、挙句の果てに東西分裂。

ドイツは三十年戦争が終わった1650年頃から散々痛い目に合わされています。しかし、その度に驚異的な復活を遂げています。

話は飛びますが、サッカーにおいてもどんなにピンチになっても決して諦めず、徹底して相手の弱点を突き、逆転してしまう。これをゲルマン魂と呼んだりします。

不屈の魂を持ったドイツ人。産業・技術・文化どれをとっても一流である理由が分かります。

ドイツ人

ドイツ人については、この記事が面白かったです。

ドイツ人ってこんな人達。性格、行動 – NAVER まとめ

ドイツ人は時間厳守

一般にドイツ人は時間に正確で、「Puenktlichkeit ist alles.(時間厳守が全てだ)」という有名な表現まであります。

友達との待ち合わせだけでなく仕事や授業の始業時間も定刻通りピッタシ。時間に遅れそうな場合でも事前にきちんと連絡。(時間厳守なのは「他の人に迷惑をかけたくない」という思いからだそうです。日本人もそうですね。)

ちなみに終業時間も時間通りなので、これは残業の多い日本と違う部分ですね(笑)

独→定時に始まり、定時に終わる。

仏→臨時に始まり、定時に終わる。

日→定時に始まり、臨時に終わる。

ドイツ人は約束や規則を守る

規則第一で決まり事を厳密に守る一面があり、書面で規定された事を非常に重視します。 ドイツ人とのビジネスでは一度約束した事は、とにかく何が何でも守らなければなりません。

ドイツ人は責任感が強い

何事も、途中で投げ出すことが嫌いです。常に結果や成果が出るまで頑張り続けます。もちろん自分だけで頑張るのではなく、仲間と一緒に意見を出し合ったりして、様々な工夫を凝らします。

ドイツ人は用意周到で合理的

事前の準備が一番大事。 旅行の計画、スーパーの買い物リスト、仕事の日程表、イベントの出席簿…など、全ての情報がきちんと整理されていることがほとんど。

ドイツ人は集中力と記憶力が良い

他人の電話番号、誕生日なども頭で覚えている。

ドイツ人は親切  

知っている事なら、親切に教えてくれる。但し知ったかぶりも多く、結構間違いも多い。

ドイツ人は統率されるのもするのも上手い

これは日本人にも言える事ですが、統率されるのがもの凄く上手いですね。 日本人と違うのは統率するのも上手いと言う事です。

ドイツ人は自己中心

自己中心、だから他人をあまり考慮する事は少ない。

自分が一番と自惚れているので、他人に対するけなし言葉が圧倒的に多い。

自分が一番大事、他人への考慮は殆どない、だから友人も少ない。

ドイツ人は狭量

他人の間違いに対しては、自分も間違うくせに、しつこく関与して文句言ってくる。

ドイツ人は自己主張が強い

ハッキリ言ってドイツ人はすこぶる頑固で自己主張が強いのです。当方が実にモットモな正論を理性的に述べていると思っても、何やら無茶な理屈をこねてガンガン文句を言ってきます。

ドイツ人は懐疑的

大体、他人を疑ってかかる。

ドイツ人はディスカッション上手

幼い時から批判されることに慣れているので、反論の仕方もきちんと身につけているのだろう。ディスカッションは感心するほどうまい。

ドイツ人は清潔好き

衣服、住居、車など常にきれいにしてある。

ドイツ人は堅苦しい

ドイツ人はあまりにもきちっとしているせいか、「一緒にいるとくつろげない」。

ドイツ人はDIY好き

3分の1の人が、1日1時間以上はDIYに時間を費やす。

ドイツ人は友人を大事にする

一度コンタクトが出来、仲良くなったら、長く大事にする。

引用元:ドイツ人ってこんな人達。性格、行動 – NAVER まとめ

所々、悪口が含まれてますね(笑)。これらを見るとドイツ人は質実剛健。又、徹底する。容赦しないといった印象です。

楽しみ

このような人達を相手にBABYMETALは一体、どんな景色を見せてくれるのでしょうか?想像するだけでニヤけてしまいます。

新生BABYMETALはヨーロッパの人にどのように受け入れられるのか?きっと、相も変わらずぶっ飛ばしてくれることでしょう。

そして、もう一つ注目したいことがあります。「The CHOSEN SEVEN」についてです。

アメリカではSU-METALとMOAMETAL、マッスルシスターズの4人でした。

ひょっとしてヨーロッパではYUIMETALと別のマッスルシスターズ2人の可能性が考えられます。これなら、ちょうど7人構成になります。

果たして、ヨーロッパではSU-METALとYUIMETAL、マッスルシスターズの4人となるのでしょうか?

もし、ここでYUIMETALを拝めるのであれば、これ程の喜びはありませんが、あまり期待するとその反発も怖いので、ほどほどの期待に止めておこうと思います。

それも明日にはハッキリすることでしょう。

いずれにせよ、新生BABYMETALになってから、私の中ではさらに期待が高まっています。 ワクワクが止まりません。楽しみに待ちましょう。

それでは。また。

おち

※アイキャッチ画像は、くろもり @crmo2018 さんの作品です。お借りさせて頂きました。

※感想を頂ければ泣いて喜びます。関連記事の下にコメント入力欄がありますのでそちらから感想をお寄せ下さい。

BABYMETALカテゴリの最新記事