メタルレジスタンス 考えるな!感じるんだ!!

メタルレジスタンス 考えるな!感じるんだ!!

こんにちは。おちと申します。

考えるな!感じるんだ!!

この言葉は、1973年公開のカンフー映画『燃えよドラゴン』の劇中でブルース・リーが発したセリフが元ネタです。劇中の冒頭でリーが少年に蹴りの稽古をつけるシーンで「Don’t Think. Feel!」というセリフが使われました。

これを日本語に訳したのが「考えるな、感じろ」、または「考えるな、感じるんだ」です。

私は子供の頃、ブルース・リーに憧れこのシーンの真似ばかりしていました。

最近ではBABYMETALのSU-METALがインタビューの際に「BABYMETALって何?」と聞かれた際に「No thinking! Just feeling!(考えるな!感じるんだ!!)」と答えています。

引用元:APTV interviews Babymetal at their first US festival

BABYMETALを言語(マインド、頭)で表すと

  • アイドルとメタルの融合がテーマ
  • キツネ様のお告げに従いメタルの復権と「イジメ・ダメ・ゼッタイ」で世直しを行う
  • 目標は世界征服

になります。

 

これをそのまま、BABYMETALについて全く知らない人に説明し「BABYMETALが大好きなんだ。BABYMETALについていく。」と真剣に語るものなら、もれなく「頭大丈夫?気は確かか?」と心配されることでしょう。

常識にあてはめて考えてみればごもっともな事です。

アイドルとメタルは水と油の関係。融合なんてできるわけないし、キツネ様なんてオカルトチックで怪しいし。メタルの復権、「イジメ・ダメ・ゼッタイ」で世直しなんて恥ずかしいこと言うなだし。世界征服なんて中二病だし。

マインド(頭)が優先していた頃の私であれば、こんなものに夢中になるなんて「世も末だ」と嘆いていたことでしょう。

しかし、BABYMETALを目の当たりにしてからハート(心)が強く反応し、今までのマインド(頭)先行型の思考が反転し始めました。

そして、ハート(心)は語りかけてきます。

 

考えるな、感じろ。マインド(頭)ではなくハート(心)で物事を捉えよ。物事の本質を見よ。

 

常識という枠の中に納まることに安心している自分。しかし、その枠から外れることを極端に恐れてしまう自分。常に人目を気にしてその枠に収まるように我慢している自分。

それが積み重なり、いつしか人目(鏡)の世界に囚われてしまっていた。人目(鏡)の世界で世を忍ぶ仮の姿を演じている自分。演じすぎてそれが真実の私なのか虚像の私なのかにも気づけない。

この世界は常に不安と恐怖がつきまとう、まさに悪夢の輪舞曲の世界。

 

あれ?生きるのってこんなに苦しいんだっけ?

 

ハート(心)が叫びます。それは幼き(BABY)頃の私の声。

 

考えるな!感じるんだ!!そこから抜け出し、エルドラド(黄金郷)へ向かうのだ!!!

 

どうやらハートは知っているようです。エルドラド(黄金郷)への行先を。

ハート(心)に任せ、常識・恐れのマインド(頭)を手放し、思うがままの旅に出る。それは、様々な知識(情報)に触れる旅。

 

隠された知識

 

オカルトとは、ラテン語の”occulere(隠す、覆い隠す)”の過去分詞”occulta(隠されたもの、覆い隠すもの)”が語源。

知識を手に入れ、認識をアップデートすることで思考の選択肢を広げる。思考の選択の積み重ねにより、目の前の現実が現れる。

隠された知識はエルドラド(黄金郷)の扉を開けるための秘密の鍵。

 

思考が先。現実は後。燃えろ!!鋼鉄魂(メタルハート)!!道なき道をBABYMETALと共に!!認識をアップデートし、エルドラド(黄金郷)へ向かうのだ!!!

 

この旅で秘密の鍵を手に入れ、エルドラド(黄金郷)の扉を開ける。その先にきっと、それぞれのエルドラド(黄金郷)が待ち受けている。

それはきっと、人生の喜びに出会う旅路。

どうぞ宜しくお付き合い下さい。

おち

※アイキャッチ画像は、くろもり @crmo2018 さんの作品です。お借りさせて頂きました。

NoThinking-JustFeeling

※感想を頂ければ泣いて喜びます。関連記事の下にコメント入力欄がありますのでそちらから感想をお寄せ下さい。

メタルレジスタンスカテゴリの最新記事