逃げちゃダメだ!BABYMETALを見るんだ!!

逃げちゃダメだ!BABYMETALを見るんだ!!

こんにちは。おちです。

前回は、BABYMETALを知るに至った経緯。決してポジティブに捉えたわけではなくアレルギー反応に近い拒絶をしたこと。

歴史・宗教を切り口に現代社会の真相を追及していく中、日本の真相がBABYMETALによってシンボル化されていることに衝撃を受け、BABYMETALに真剣に向き合う必要性を感じたことをお話させて頂きました。

ファーストコンタクト 戸惑いと怒りとBABYMETAL

続きです。

恐るべしキツネ様

煩悩くんフルスロットルさんの記事を読み、日本の支配構造が三本の柱「天神系、地祇系、天孫系」で構成されており、その出自が日本ではなく古代イスラエルからの渡来民族であることを知りました。

この古代イスラエルとは、ユダヤ人の事であり、旧約聖書の舞台となった場所です。(アダムとエバ、ノアの方舟、バベルの塔、モーセの海ぱっかーんの出エジプト記が有名ですね。)

ぱっかーん

この話を始めると止まらなくなってしまうので、別の機会でお話します。 (ちなみに旧約聖書を抑えるとBABYMETALの醸し出す世界を理解できるようになります。)

分かったことは、BABYMETALのキツネ様の背景を抑えることは真相を理解するためにとても重要であるということ。アイドルに対しての抵抗は相変わらず強いのですが、BABYMETALは抑えなければならないという事です。

そして、私は煩悩くんフルスロットルさんの記事を読み直します。

BABYMETALとキツネ様

引用元:煩悩くんフルスロットル

ギミチョコ!!チャレンジ2回目

で、「ギミチョコ!!」を通しで見ることにしました。 (ようやくBABYMETALのリアクションに入れますね。)

では、参ります。(ポチッ。)

画面に映し出される三人の女の子。ゴシックロリータ。

「Give me Chocolate!!!」に合わせ、腕をグルグル、ダンスを始めた。

このダンス、よく見れば独特。そして子供だけど切れ味がその辺のアイドルとは違う。手を頭にツンツンする仕草が面白い。

しかし、背後の骸骨のエアギターは相変わらずダサイ。サウンドはラウドだけど打ち込みにはガッカリしてしまう。

そして、あれが来るのはもう知っている。何とも恥ずかしい感情が襲ってくる。だけど、引いて構えておけば大丈夫なハズだ。

あたたたたた ずっきゅん! わたたたたた どっきゅん! ずきゅん!どきゅん!ずきゅん!どきゅん! ヤダ!ヤダ!ヤダ!ヤダ! NEVER ! NEVER ! NEVER !

キタ!!分かってはいたが、何とも恐ろしい。暴風域に身を晒しているかのよう。ラウドな音に子供の可愛らしい声が乗るというだけでパニックになる。

そこへ

C!I!O! チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!いいかな? でもね ちょっとWeight ちょっと最近 心配なんです だけど チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!いいかな? でもね ちょっとWait ちょっと待って チョ!チョ!チョ!

と、真ん中の子が歌いだした。

そういえば前回は「あたたた・・」にやられ、ここまで行き着かなかった。

じっくり聞いてみる。声質は澄んでいて音程も正確。だけど口パク、生で歌っていない。

まあ、どうせこんなもんだろう。

そして間奏に入り再びダンス。このダンス面白い。身体をプルプル震わせチョコレートを食べる仕草。頭をツンツンするところが楽しい。その動きが後ろの音と絶妙にマッチしている。

あたたたたた ずっきゅん! わたたたたた どっきゅん! ずきゅん!どきゅん!ずきゅん!どきゅん! マダ!マダ!マダ!マダ! NEVER ! NEVER ! NEVER !

くっ、やはりこれは強烈。顔が引きつる。

C!I!O! チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!いいよね? でもね ちょっとWeight ちょっと最近 心配なんです だけど チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!いいよね? でもね ちょっとWait ちょっと待って チョ!チョ!チョ!

そして真ん中の子が歌いだす。ホッとする。それにしてもこの子、存在感あるな。不思議と見てしまう。

Too too late! Too too late! Too too P!P!P! (Please! Please! Please!) Come on!

腕をグルグル回し、身体をクネクネと捩じらせ、三人で仰け反り、身体をクルクル回し、指をクルクル回す。この流れとても面白い。こっちもグルグル目が回る。

ムッ、これは?

間奏のフレーズがカッコいい。凄い勢いでテンションを上げてくる。だけど打ち込み。これが生音だったらエゲツない。

そして、三人が集まって、また頭をツンツン。

あたたたたた ずっきゅん! わたたたたた どっきゅん! ずきゅん!どきゅん!ずきゅん!どきゅん! ヤダ!ヤダ!ヤダ!ヤダ! NEVER ! NEVER ! NEVER !

くそ!また来やがった。訳が分からない。頭の中がグチャグチャに掻き回される。

これから真ん中の子が歌いだすハズ。 ホッとしたいところだが、既に自分はパニックに陥っている。

そして、追い打ちをかけるように真ん中の子も上げてきた。

ヤバい 超!超!ハード 超!イッパイ 頑張ったんです だから ちょっとハート ちょっとだけ お願いなんです 早く チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!ちょうだい よこせ チョコレート チョコレート プリーズ!!

思わず、仰け反ってしまった。 

C!I!O! チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!いいでしょ? だよね 超!超! GOOD 超!ハッピーで 頑張っちゃうんです だから チョコレート チョコレート チョ!チョ!チョ!いいでしょ? だよね ちょっとだけ ちょっとだけ 食べちゃおう!!

もう、何が何だか。。。

Too too late! Too too late! Too too P!P!P! (Please! Please! Please!) Come on!

ふーーッ。。終わった。

、、、なんじゃ?、、、、、こりゃ!!?

聞き終えた直後はしばらく放心状態。

もう訳が分からない。

感想は、そう、「訳が分からない」です。 良いモノなのか、悪いモノなのか。何とも判断がつかない。しばらく考えましたが答えは出てきません。歌詞も中身がない。実に中身がない。一体、何を歌っているんだ?訳が分からない。

「アイドル=偽物」今までの私の思考はこの構図が定着していました。

そして、今見たのは偽物のハズ。サウンドは打ち込みだし、歌も口パク。歌詞も中身が全くない。どれをどう切り取っても偽物。それが、今は「アイドル=偽物」の構図が瓦解してしまいそうな勢いです。

「まさか。そんなハズはない。生音ではないし、歌も口パク。こんな訳の分からないモノが本物であるハズがない。」当然のように否定の意識が立ち上がってきます。

「でも、何かが今までとは違う。」反面、別の何かを感じとっている自分がそこにいました。どうやらこの時点で私は既にハマっていたようです。見極めたい衝動に駆られていました。本物なのか、偽物なのか。結論を出さずにはいられない。

こうなると、もう止まりません。

いいね!

私は、次の動画を見ることに決めました。「いいね!」のライブパフォーマンスです。

出た。エアギターの骸骨。やっぱりダサい。

三人の女の子。うん?めっちゃ子供じゃん。こんな子供たちに熱狂するドルオタって何なの?悪態をつきたくなる。

チ・ク・タ・ク シチャウ キモチ 止マラナイヨ

チ・ク・タ・ク シチャウ キモチ アイスクリーモ!!

やっぱり口パク。でも熱気は凄い。

それ!あたしのおやつ!

ちょちょちょ!フラゲしないでよ!!

オマエノモノハオレノモノ

ひとりきりで 空見上げた センチメタルナイト 行こう ズッキューンと現実逃避行

いいね!いいね! 夜空でパーリナイッ

いいね!いいね! 輝いていこう

とりま モッシュッシュ 少しずつなんて無理

YEAH YEAH 超絶すぎるよ 完璧よ おんにゃのこは 夢も きっと 超カオスだよ

典型的なアイドル。顔が引きつる。

アタマユラセ メガネハズセ アタママワセ メガネハズセ アタマユラセ メガネハズセ

ギュウギュウパンパン詰めすぎリュックはすぐさまオロセ

うん、ダサい。でも、真ん中の子のダンスは迫力があるな。

Put your KITSUNE up!! メロイックじゃないキツネさん メロイックじゃないキツネだ

なんじゃ?こりゃ!!?

おいおい、何でも入れればいいってもんじゃないだろう。やっぱダメだ。

ひとりきりで 指切りした センチメタルナイト 行こう ズッキューンと 現実逃避行

いいね!いいね! 夜空でパーリナイッ

いいね!いいね! 輝いていこう

とりま モッシュッシュ 少しずつなんて無理

YEAH YEAH 超絶すぎるよ 完璧よ おんにゃのこは 夢も きっと 超カオスだよ 

うーん、イマイチ。やっぱり違う。

煩悩くんフルスロットルさんはこれを見て衝撃を受けたというが、煩悩くんフルスロットルさんには申し訳ないが、LIVEパフォーマンスで言えばBOOMBOOM SATELLITESと比べるとどうしても見劣りしてしまう。

メギツネ

「ここで立ち止まっていても仕方がない。次へ進もう。」

私は間髪入れず、次の動画を見ることに決めました。「メギツネ」です。ドンドン行きます。

画面は変わって和な風景。 琴とラウドな音の組み合わせにセンスを感じる。

ソレ!ソレ!ソレ! ソレソレソレソレ!!

やはりダンスのキレは凄いな。

おめかしキツネさん (Chiki Chikiワッショイ!! Chiki Chikiワッショイ!!) ツインテなびかせて (Hira Hiraワッショイ!! Hira Hiraワッショイ!!) はじけてドロンして (Kuru Kuruワッショイ!! Kuru Kuruワッショイ!!) いざゆけ七変化 コンコンコンコッ コンコンコッコン!!

うん、可愛い。(いや、ちょっと待て。何をいっているのだ!?)

ソレ!ソレ!ソレ! ソレソレソレソレ!!

か、可愛い。

古(いにしえ)の 乙女達よ かりそめの 夢に踊る 幾千の時を超えて 今を生きる あ~ そうよ いつでも 女は女優よ キツネじゃない キツネじゃない 乙女な メギツネ あ~ ヤマトナデシク 女は変わるの 顔で笑って 心で泣いて 「そうよね」って 涙はみせないの

!!!演歌?!!!

変な組み合わせだけど、絶妙にマッチしていてカッコイイ。

そして、何?この子?凄くないか!? 歌がメッチャ上手い!(何回TAKEしても、いくら加工しても実力がなければこのレベルにはならない。)

キツネ キツネ ワタシハ メギツネ オンナハ女優ヨ

このブレイクもカッコイイ。センスあるな。

ソレ!ソレ!ソレ! ソレソレソレソレ!!

この小っちゃい二人、何という可愛いらしさ。なんかもっていかれる。 これだけ可愛ければドルオタが熱狂する気持ちも分からないではない。 ニヤけてしまう。

古(いにしえ)の 乙女達よ かりそめの 夢に歌う 幾千の時を超えて 現代(ここ)に生きる

やっぱりこの子、歌が上手い。そして、何て澄んだ声をしているんだ。。。

あ~ そうよ いつでも女は女優よ キツネじゃない キツネじゃない 乙女は なめたらいかんぜよ!

!!!スケ番刑事!!!

なんだ?これ!?

それにしてもこの子の存在感。そして美人さん。見惚れてしまう。

あ~ ヤマトナデシク 女は変わるの ずっと いつも 消えない様に 花火を上げるの

身体をグルグル扇風機のように回すダンス。カッコイイ。キレが凄いな。 どんどんテンションが上がってくる。

あ~ 咲いて散るのが 女の運命(さだめ)よ 顔で笑って 心で泣いて 純情 乙女な メギツネよ

ふーーッ。。終わった。

、、、なんかこれ、凄くないか?

良い!

「いいね!」のライブパフォーマンスは今一つだったけど、これは違いました。 「いいね!」の頃から年を重ね、成長したのでしょう。それにしても特筆すべきは真ん中の子。歌がめちゃくちゃ上手い。 そして、その存在感。美人だし、特に目の強さに惹きつけられてしまう。

アイドルでここまでのレベルは他にないのではないだろうか?

この子は一体、何者?俄然、興味が湧きました。

そして二人の小っちゃい子。その可愛さといったら。いやはやなんとも。。 (多くは語りません。察して下さい。)

さらに楽曲の構成も優れている。 和とラウドの調和が絶妙で、それにメロディーも口ずさみたくなる。ダンスも日本の女性の仕草が盛り込まれ、見ていて楽しいし、キレもある。どこを切り取っても質が良い。

あれ?アイドルってこんなにレベル高かった?

「アイドル=偽物」私の凝り固まった思考が崩れ始めていました。何か違う。

その違いの何かを突き止めずにはいられなくなりました。 彼女たちの現時点のライブパフォーマンスを見たい。 あの子共の頃から成長した姿をこの目で確かめたい衝動に駆られました。

見落としていた

そして、煩悩くんフルスロットルさんの記事に目を移します。

英国で開催される大型ロックフェス「Sonisphere Festival UK」(7月4日〜6日 現地時間)に招待を受けフェスに出演予定。

この英国フェスはメタルの大御所、メタリカ、アイアンメイデン、スレイヤー以外にも、プロディジー、ドリーム・シアターらのそうそうたるアーティストが出演するメタルファン垂涎のイベントですが、日本からのアーチストはBABYMETALの1組のみ

その前後に欧州でツアーを敢行するがチケットは即日完売

iTunesの各国別メタル部門やロック部門で複数国でチャート1位に

このあまりの人気に、ロックフェスでも当初のテントステージからメインステージに急遽変更されたというが、これは当然の成り行きだろう。

引用元:煩悩くんフルスロットル

前回、私はこの部分を完全に読み飛ばしていました。アイドルということで完全にスルーしていました。痛恨の極み。最初にこれを読んでおけば。。。何?海外のロックフェスに出場したの!?それもメインステージ!!?

これは確認しなければならない。 私は探しました。 「BABYMETAL Sonisphere Festival UK」をキーワードに。

・・・

長くなってしまいましたね。 今回はここまでです

そして、次回はいよいよ「Sonisphere Festival UK」です。

どんな出会いが待っているか?(もう、出会ってますケド。)

それでは、SeeYou!

おち

※感想を頂ければ泣いて喜びます。関連記事の下にコメント入力欄がありますのでそちらから感想をお寄せ下さい。

BABYMETALカテゴリの最新記事