BABYMETAL WORLD TOUR 2018 オースティン

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 オースティン

こんにちは。おちです。

早速ですが、BABYMETAL WORLD TOUR 2018 オースティンのファンカム映像見ました?凄かったですね!

そして、ゆいちゃんに関して公式からコメントが出ました。

【NEWS】BABYMETAL, 「YUIMETALは今もメンバーです」とアメリカのマネージメントがコメント

そういうことなのね。それならそうと・・・。

KOBAの馬鹿野郎!!早く言え!!! スッキリ

振り返り

ある程度、最悪な事態も全てを受け入れる覚悟を決めていたのですが、それがない(脱退ではない)と分かっただけでも一安心です。いやはや全く持って混乱・困惑しました。アーティストでここまで感情を揺さぶられるなんて初めての経験です。ストラトヴァリウスのティモ・トルキの件やブランキーの解散、ブンブンサテライツの死別など、これらもショッキングな出来事でしたが、ここまで葛藤はしていません。

それは、冷静さを保つべく、入り込みすぎないように自分の中である程度、線引きをしていたからなのかもしれません。どうもBABYMETALに関しては、その線引きを全て取っ払ってしまっているようです。自分にとってBABYMETALは人生の一部、欠かせないものになっていることが今回の件で身をもって知ることになりました。

参った参った。それにしてもメタラーさんやハードロックファンは冷静な方が多かったように思います。こういうことは既に経験済みといった感じで皆さん大人でした。腹が座っているのでしょう。かっこいいですね。

私はというと、結構深刻になっていました。広島からの一連の流れ(このあたりはもう少し状況がよく見えてから語りたいと思います。月単位、いや年単位?の時間の経過が必要かもです。キーワードはボヘミアングローブ)があったため、かなり動揺していました。その葛藤っぷりは前回の記事で恥ずかしくも書かせて頂きました。

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 開幕!!

思考によって景色が変わる

葛藤した結果、腹を据る覚悟を決めることができました。こういう時は外に答えを求めてもダメですね。自分の内から答えを導き出さなければならない。「くれくればかり言ってるんじゃない!どうするかは自分で決めろ!!」って奴です。必要なのは気合いです。気合い。

私は前回のカンザスでは疑念を持ったまま見てしまったため、BABYMETALを見ているようで実は全然別のものを見ていました。(広島も同じ状況でした。WOWOWで「洗礼の儀」を見ましたが、私はBABYMETALを見れていません。)

これは思考によって見る景色が変わるということです。疑念を持ったまま見ると疑念のフィルターでそれを見ます。一方、信頼をしている状態であれば信頼のフィルターでそれを見ます。前者と後者とでは同じものを見ても、全く変わった見えになることが想像できるかと思います。

つまり、その人の思考によって見るものが変わるということです。その景色は十人十色。その人が持つフィルターで景色は全く異なってしまう。(シュレティンガーの猫。素粒子。複素二次元空間。三次元を超えたところ。)

さらに言えば、このことは見ている現実や景色についてはその人が創り上げているということです。過激な言い回しをすればその人こそが創造の主であり、創造主。つまりは神ということです。神は外にはいない。自分自身に内在している。答えは「ここ」にあるです。

ということは、貴方は絶対的な存在な訳で神レベルの力を持っているということです。なので見る景色は選べます。つまり、選択は全て自分自身がしており、現実も自分自身が創っているということ。では、貴方は何を創造しますか?

私はBABYMETALを見ることに決めました。広島の「洗礼の儀」。小神様の件。ゆいちゃんのこと。大丈夫です。何があろうと見ると決めましたので。

そして、三姫がどのような心境であるかは私は知る由もありません。「三姫はきっと辛いだろう。苦しいだろう。」といった推測は相手の思考への介入。自分の都合で偶像を創造する。勝手に偶像化された側は怖くなるんじゃないでしょうか。

そこは相手への敬意と尊重でもって、不要な詮索や推測は控えたいもの。目を向ける必要があるのは外ではなく内。己をどうするかのみを考えた方が、自分にとってのより良い現実を創造できるものと考えます。

圧巻

さてさて、私自身の思考を整理した上でBABYMETALを見ます。早速、ファンカムが上がってますね。シシシシ。ありがたく拝見させて頂きます。

それにしても新生BABYMETAL。凄いですね。現金なものでもう慣れています。新曲の3曲とも最高です。何回もリピートしています。SU-METALとMOAMETAL。さらにレベルアップしている。

繰り返し見ることで分かったことは、この新生BABYMETAL。ダンサーが効いていますね。この二人のダンサーがShowの迫力を生み出している。紅月のバトルシーンは目を見張りました。この二人のダンスを見るだけでもBABYMETALを見る価値がある。(って、誰だ!?マッスルシスターズと名付けたのは!絶妙じゃないか!!)

私はこの新生BABYMETAL。願わくば間近で見たいと思いました。そしてこの新生BABYMETALと今までのBABYMETAL。アポカリプス(正典)とアポクリファ(外典)の物語。お互いに関連する2つの節を、より大きなやまを生むために、その構造を反転させるキアスム(交錯配列法)

これから壮大な物語が始まろうとしている。そしてそこへYUIMETALが戻ってくるとしたら。。。その時のみんなの喜びを想像するだけでもワクワクしてきます。叶わぬとしたら?大丈夫です。その時はその時の選択できっと乗り越えれますから。

今はまだ、混乱があると思います。それは各々が各々の考えで進めば良いと思います。今は考える時期。せっかくなのでハッピーになる選択をして頂きたい。そのために色んな人の考え方を掻き集め、答えを導くためのヒントを得ることをオススメします。

お楽しみはまだまだこれから。

それでは。また。

おち

※感想を頂ければ泣いて喜びます。関連記事の下にコメント入力欄がありますのでそちらから感想をお寄せ下さい。

BABYMETALカテゴリの最新記事